Loading

Back number & Recommend

6月の誕生日石

6月の誕生日石

6月の誕生石 アコヤパール

アコヤパール

石言葉:長寿・純潔・純粋無垢・円満

効果:邪気を払う厄除けのお守りとして古くから大切にされています。とくに航海のお守りとして洋の東西を問わず携帯されてきた歴史があります。

レフ板効果で肌を美しく見せる魔法のジュエリー

柔らかな光が肌を照らし、美しく見せてくれるパール。日本の特産品でもあるアコヤパールは、日本人にもっとも似合う宝石といえます。厄除けになるとして古くから身につけられてきましたが、航海のお守りとして船乗りがパールを持っていたのは世界共通のようです。

日本の主な産地は三重県の伊勢・志摩、愛媛県の宇和島、長崎県の壱岐・対馬など。稚貝から育てたあこや貝に核を入れ、美しい海で1年以上手入れして育てます。上質なパールは真珠層の巻きが厚く「テリ」と呼ばれる艶と輝きが強いものとされます。

「月のしずく」「人魚の涙」とも呼ばれる上品な光沢を持つパールは、世界中のロイヤルたちに愛され、日本の皇族の方々も公の場で装うジュエリーとしてパールを選ばれています。

6月の誕生石 ムーンストーン

ムーンストーン

石言葉:健康・幸運・愛の予感

効果:心と体の調子を整え、とくに女性の健康を守るといわれています。

不平不満が取り除かれ幸運を呼び込む

半透明の乳白色の石の表面に青味を帯びた光が現れる幻想的な表情が魅力のムーンストーン。インドではその昔、月の光が凝固したものだと信じられていました。持ち主に幸運をもたらし、未来を見通す力が宿るともいわれていました。

ムーンストーンはフェルスパーグループの鉱物の一つで、和名では月長石と呼ばれています。光の効果を生かせるカボションカットにされるのが一般的で、見る角度によって月の光のような帯状の光を放つシラー効果が現れるのが特徴です。ローマ時代にはすでにジュエリー使われ、現代ではビッグメゾンのジュエリーにも好んで使われています。

6月の誕生石 アレキサンドライト

アレキサンドライト

石言葉:高貴・情熱・秘めた想い

効果:創造力と集中力を高め、クリエイティブな力を与えてくれます。

二つの顔を持つ神秘の石

光源により色が変わる変色特性を持つアレキサンドライト。太陽光線下では深いグリーン、白熱電球下では赤紫に変化するのが特徴で、見事な色の変化と希少性のため珍重されてきました。「昼のエメラルド」「夜のルビー」と称され、二面性をもつ魅惑の宝石としてたいへん人気のある宝石です。アレキサンドライトはロシアのウラル鉱山でエメラルドや他の鉱物と一緒に産出されるものが高品質として知られています。キャッツアイと同じクリソベリルという鉱物で硬度はダイヤモンドやサファイアに次ぐ8です。

1830年、ロシア皇太子アレクサンドル2世の12歳の誕生日に発見されたことにちなんで命名されたといわれています。軍服の色が赤と緑だったロシア人にとって緑から赤に変色するアレキサンドライトは、お守りとして特別の価値のある宝石とされていました。

ダイヤモンドは毎日のお守り

ダイヤモンドは毎日のお守り

石言葉:永遠の絆・純愛・不変・純潔
効果:邪気を払い、不屈の精神力をもたらし、強固な意志で生涯の愛を守ります。

深い愛で永遠の絆を結ぶ
ギリシャ語で「何ものにも征服されない」という意味を持つadamas(アダマス)が語源とされるdiamond。ギリシャ神話では太陽神アポロンの守護石とされていました。和名は「金剛石」。

地球上でもっとも硬い物質とされ、硬さの単位であるモース硬度は最大の10。炭素のみの単一元素で構成される唯一の宝石で、高い屈折率から美しい輝きを放ちます。

その美しさと希少性から宝石の王様と呼ばれ、多くのジュエリーに用いられています。堅い絆の象徴でもあるダイヤモンドは、愛に満ちた家庭を築くとされ、婚約指輪として贈られています。結婚60周年を「ダイヤモンド婚式」と呼び、お祝いをする習慣もあります。

ダイヤモンドの評価はCarat(重量)、Color(色)、Clarity(透明度)、Cut(カット)の4つのCで表され、それぞれの項目で高い等級を得るほど価値が高まります。

5月の誕生日石

7月の誕生日石

関連記事

  1. 8月の誕生日石

    2022.06.24
  2. 5月の誕生日石

    2022.06.24
  3. 2月の誕生日石

    2022.06.24
  4. 9月の誕生日石

    2022.06.24
  5. 12月の誕生日石

    2022.06.24
  6. 4月の誕生日石

    2022.06.24
PAGE TOP