Loading

Back number & Recommend

2月の誕生日石

アメシスト

2月の誕生日石

2月の誕生石 アメシスト

アメシスト

石言葉:高貴、誠実、心の平和、愛情

効果:酔わないお守りとされていた伝承もあるアメシストは、心を静め冷静な判断をもたらすといわれています。

古くから魔除として使われてきた高貴な紫

アメシストは和名を紫水晶といい、ブラジルが世界最大の産地です。

ギリシャ語のamethystos(酒に酔わない)を語源とするアメシスト。酔った酒の神バッカスが襲った女官を月の女神がアメシストに変えたというギリシャ神話があり、古代ローマではアメシストの盃に注いだお酒を飲むと、人生の悪酔いから身を守ると信じられていました。古くから人類がかかわってきた宝石であり、ヨーロッパでは2万5000年前の遺跡からアメシストの装身具が発見され、エジプトでは紀元前3100年ごろにビーズや魔除け、印鑑などに用いられていました。高貴な人々の装身具に用いられた歴史も古く、王冠や大司祭の指輪に飾られました。ジュエリーのほか、原石は置物としても人気があります。

2月の誕生石 クリソベリルキャッツアイ

クリソベリルキャッツ

石言葉:驚嘆

効果:魔を払い、真実を見抜き、幸運を引き寄せる石とされています。

真実を見つめる黄金色の猫の目

その名の通り猫の目を思わせる一条の筋が特徴的なクリソベリルキャッツアイは、強い魔除の効果があるとして世界中で人気のある宝石です。一般的に「キャッツアイ」と呼ばれる宝石は、クリソベリルキャッツアイの事を指します。クリソベリルの中でシャトヤンシー(インクルージョンによって現れるキャッツアイ効果)の現れるものをクリソベリルキャッツアイと呼んでいます。とろりとしたハニーカラーやアップルグリーンに、はっきりとした白い筋が見られるものが、価値があるとされています。

宝石としての歴史は古く、1世紀の終わりにはすでにローマ人に知られていたといいます。東洋では、眉間に押し付けると先見の明が得られると信じられ、原産国のスリランカでは「悪魔から身を守る宝石」といわれています。また、真実を見抜く力が宿るとされ、危険や邪念などから身を守る第三の目が開眼すると考えられています。

ダイヤモンドは毎日のお守り

ダイヤモンドは毎日のお守り

石言葉:永遠の絆・純愛・不変・純潔
効果:邪気を払い、不屈の精神力をもたらし、強固な意志で生涯の愛を守ります。

深い愛で永遠の絆を結ぶ
ギリシャ語で「何ものにも征服されない」という意味を持つadamas(アダマス)が語源とされるdiamond。ギリシャ神話では太陽神アポロンの守護石とされていました。和名は「金剛石」。

地球上でもっとも硬い物質とされ、硬さの単位であるモース硬度は最大の10。炭素のみの単一元素で構成される唯一の宝石で、高い屈折率から美しい輝きを放ちます。

その美しさと希少性から宝石の王様と呼ばれ、多くのジュエリーに用いられています。堅い絆の象徴でもあるダイヤモンドは、愛に満ちた家庭を築くとされ、婚約指輪として贈られています。結婚60周年を「ダイヤモンド婚式」と呼び、お祝いをする習慣もあります。

ダイヤモンドの評価はCarat(重量)、Color(色)、Clarity(透明度)、Cut(カット)の4つのCで表され、それぞれの項目で高い等級を得るほど価値が高まります。

1月の誕生日石

3月の誕生日石

関連記事

  1. 10月の誕生日石

    2022.06.24
  2. 7月の誕生日石

    2022.06.24
  3. 12月の誕生日石

    2022.06.24
  4. 4月の誕生日石

    2022.06.24
  5. 6月の誕生日石

    2022.06.24
  6. 1月の誕生日石

    2022.05.19
PAGE TOP