Loading

Back number & Recommend

12月の誕生日石

12月の誕生日石

12月の誕生石 ターコイズ

ターコイズ

石言葉:繁栄・成功・強運・旅の安全

効果:心身に安らぎと活力を与え、健康な体と幸運をもたらします。

古くから世界中で愛されてきた鮮やかなブルー

ターコイズブルーの色名の由来となった美しいブルーの石。世界最古の宝石といわれ、装飾品やお守りとして世界中の人々に用いられてきました。メソポタミアでは紀元前約5000年のビーズが発見されています。ターコイズの名はトルコの商人がヨーロッパとの貿易の際にターコイズを持ち込んだことが語源とされています。

主な産地はイランで、現在でも良質のものとして認められています。中近東のトルコ、エジプト、イラク、イランなどでは、幸運をもたらす石として尊重されてきました。古代メキシコ人たちは黄金よりもターコイズを重んじてきました。メキシコ王国崩壊後も、この地域の先住民族によって、この石は愛され続けてきました。現在はアリゾナ州で数多くのターコイズが産出されています。

鮮やかなターコイズブルーはとくに夏の装いに映え、インパクトのあるアクセントとして活躍してくれます。

12月の誕生石 ラピスラズリ

ラピスラズリ

石言葉:信頼・誠実・幸運・健康

効果:邪気を遠ざけ、幸せを運んでくれます。直感力と想像力を高める効果があることから芸術家にも愛されています。

魔除けの力を持つ瑠璃色の宝石

名前そのままにラテン語でラピスは「石」、ラズリは「青」を意味する青い宝石。エジプトでは紀元前3100年ごろからビーズやペンダントとして使われていました。当時の産地はアフガニスタン北東部のバダクシャンで、遠路はるばるエジプトまで運ばれていたということになります。ジュエリーや魔除けとして重用されたほか、粉末にして薬や化粧品としても使用されていたようです。

シルクロードから日本へももたらされ、奈良の正倉院にはラピスラズリの装身具が納められています。瑠璃という和名で、日本では古くから親しまれてきた宝石の一つです。

12月の誕生石 タンザナイト

タンザナイト

石言葉:高貴・知性・誇り・冷静・希望・神秘

効果:気持ちを落ち着かせ、冷静な判断ができる力を与えてくれるといわれ、困難を解決に導いてくれます。

暮れなずむキリマンジャロの空に思いを馳せて

多色性という特徴を持つ青紫の美しい宝石がタンザナイト。バナジウムを含む青色のゾイサイトで、鉱物名をブルーゾイサイトといいます。

1967年に東アフリカのタンザニアで発見され、宝石商のティファニーが命名しました。「タンザニアの夕暮れ」という意味の造語であるタンザナイトは、そのロマンティックな響きと雄大なアフリカの空を思わせる神秘的なブルーの色合いで、世界中の愛好家を虜にしてきました。夕暮れから夜に移りゆく瞬間の空の色を捉えたようなブルーは、一粒の石の中にさまざまなグラデーションを宿し、時間を忘れて覗き込んでしまいそうな魅力に満ちています。タンザニアのキリマンジャロ山の麓にあるメレラニ鉱山でのみ算出される希少石です。

タンザナイトのブルーは光によってさまざまな表情を見せます。自然光の下では透明感に満ちた美しい群青色に、白熱灯の下では紫色、蛍光灯の下では青色へと変化します。

 

12月の誕生石 ブルージルコン

ブルージルコン

石言葉:安らぎ・夢想・可能性

効果:魅力を高め、可能性を引き出すポジティブなパワーにあふれています。

魅惑のきらめきを放つ青い宝石

強い輝きを持ち、さまざまなカラーバリエーションがあることで知られるジルコンの中でも、ブルージルコンは鮮やかな色合いで人気があるジェムストーンです。ジルコニウムのケイ酸塩鉱物で、和名は風信子(ヒヤシンス)石。古代ペルシャ語で金を意味するzarと色を表すgunが名前の由来といわれています。地球上のあらゆる地域で産出する宝石です。

装う人の潜在的な力を引き出し、前向きで明るい人生へと導くとされています。名前が似ていることから合成品のキュービックジルコニアと混同されることがありますが、まったく別の鉱物です。

ダイヤモンドは毎日のお守り

ダイヤモンドは毎日のお守り

石言葉:永遠の絆・純愛・不変・純潔
効果:邪気を払い、不屈の精神力をもたらし、強固な意志で生涯の愛を守ります。

深い愛で永遠の絆を結ぶ
ギリシャ語で「何ものにも征服されない」という意味を持つadamas(アダマス)が語源とされるdiamond。ギリシャ神話では太陽神アポロンの守護石とされていました。和名は「金剛石」。

地球上でもっとも硬い物質とされ、硬さの単位であるモース硬度は最大の10。炭素のみの単一元素で構成される唯一の宝石で、高い屈折率から美しい輝きを放ちます。

その美しさと希少性から宝石の王様と呼ばれ、多くのジュエリーに用いられています。堅い絆の象徴でもあるダイヤモンドは、愛に満ちた家庭を築くとされ、婚約指輪として贈られています。結婚60周年を「ダイヤモンド婚式」と呼び、お祝いをする習慣もあります。

ダイヤモンドの評価はCarat(重量)、Color(色)、Clarity(透明度)、Cut(カット)の4つのCで表され、それぞれの項目で高い等級を得るほど価値が高まります。

11月の誕生日石

関連記事

  1. 11月の誕生日石

    2022.06.24
  2. 10月の誕生日石

    2022.06.24
  3. 7月の誕生日石

    2022.06.24
  4. 1月の誕生日石

    2022.05.19
  5. 8月の誕生日石

    2022.06.24
  6. 5月の誕生日石

    2022.06.24
PAGE TOP